宿替え

投稿を読んでくださっている皆様、いつも有難うございます。 このごろは速いペースで環境が変化しますが、この住処もその例に漏れず不本意なことが起こる環境になりましたので、突然ですが宿替えすることにしました。 新しいサイトは http://wildroselibrary…

まちづくり市民会議 第三回

今回は教育がテーマでした。関心がある分野なので、ちょっと期待して傍聴。いじめ問題について 学校間格差について 給食について 教師と親の関係性について 子供の体力づくりについて以上の項目が事前に参加者からの希望により設定されていました。前半は教…

「相棒」を見る

「相棒」という番組が面白いと娘が以前に言ったので、最近ちょっと見てみました。それよりずっと前にほんの少しだけ見たときは少しも面白くなかったので興味を失っていたのですけど、娘が結構熱心に見ていたので、もういっぺん見てみようかと。で、わかりま…

政治家を選ぶ

野田首相がとうとう解散を明らかにしました。 これで溜飲が下がったと思ったのは自民党と公明党だけではなく、多くの選挙民も同じように感じたのではないでしょうか。首相が近いうちにといってから、いつだ、いつだの連呼。政治家もメディアも、そしてそれに…

物言う人

11月3日、読書カフェというものに参加しました。ここでいうカフェというのは喫茶店のことではなく、話し合いのひとつの形式です。こういう形式を最近知って、参加者の意見を引き出すにはとても有効な方法だと思って、その方法を勉強するために参加しました。…

やまんば 取材に行く

関市のNPOぶうめらんが発行している雑誌「ぶうめらん」の特集するテーマについて、板取へ取材に行ってきました。板取は関市と合併する前は板取村といいました。若い頃に少し縁のあったところなので懐かしさを感じて道をたどりましたが、道は当時よりも随分良…

メイ・サートン 「独り居の日記」

表題のとおり、これはアメリカの作家メイ・サートンの日記です。作品として位置づけられていますが、そういう感じはほとんどなく、普通の日記のようにその日にあったこと、誰それが訪ねてきたとか、庭を掃除したとか、そんなことが書かれています。そして深…

英語の難しさ

これまで英語の難しさをいろいろ書いてきましたが、その難しさを分析して書いている記事がありましたので、こちらに転載させていただくことにしました。この難しさを理解すれば、話せるようにはどうしたら良いかということの、ひとつのヒントになることと思…

ムカデの自意識

私の好きな田坂氏の、風の便りです。 田坂広志 「風の便り」 特選 第61便 ======================================================= https://mail.google.com/mail/u/0/?hl=ja&shva=1#inbox/13a7804e278641c4 ムカデの自意識 「百足」と書いて「ムカデ」…

話し合いの技:まちづくり市民会議を傍聴する

16日夜、関市まちづくり市民会議を傍聴しました。前半は企画政策課から総合計画の位置づけとまちづくりについて、次に財政課から関市の財政状況について説明がありました。内容をメモしようとしたのですが、話について行けず断念。予め配られた資料に基づい…

暮らしの中の匂い

最近はめっきり涼しくなりました。涼しくなると急に料理をしようという気になって、この間は銀杏おこわを作りました。昨日は人参の葉と玉ねぎのかき揚げ。栗も煮ました。台所には揚げ物の甘い匂いや栗の匂いがいっぱい。匂いといえば思い出すのが子供の頃。…

Shall we dance?

リチャード・ギア主演「Shall we dance?」を見た。実はこれが三度目。ストーリーも面白いが、ダンスをする様子が実に美しい。優雅だ。何度見ても、見とれる。手指の筋肉1つ、ステップ1つとっても、音楽との深い親和性を感じることができる。血の中に深く深く…

河を知らぬ旅人

今日は田坂広志の風の便りを紹介します。 https://mail.google.com/mail/u/0/?hl=ja&shva=1#inbox/13a531aff9e09867 河を知らぬ旅人 山奥に住む人が、旅に出ました。 そして、旅の途上で、 河にたどり着きました。 彼は、生まれてこのかた、 河というものを…

習慣は人を作る

習慣に早くから配慮した者は、人生の実りも大きい。― 日野原重明

耐える力

生きていくためには 耐える力が とても大事です。― 日野原重明

百年の恋も

http://www.rd.com/jokes/funny/marriage/years-of-romance-joke/ リーダーズ・ダイジェストより転載、翻訳結婚25周年を前に、夫が黄色いバラを25本私の事務所に届けてくれたので、二三日楽しんでから花びらを摘んでドライフラワーにした。さて記念日当日、…

友情ある離婚

久しぶりにお笑いを一つ。以下リーダーズ・ダイジェスト誌から転載: 私たちの離婚は友情に満ちたものだった。というのもフェイスブックで「離婚調停中です」と言ったら、最初に「いいね!」を押してくれたのは彼だったのだ。http://www.rd.com/jokes/funny/…

秋の実り

暑い暑いといいながらも季節は確実に秋になり、銀杏の大木から透き通ったみかん色の実が落ち始めたので、先日来から拾って水に漬けました。水に漬けておくと果肉が柔らかくなるので、水から上げて大きい瓶に移し、長靴を履いた脚でギュッギュッと踏みつけま…

 田坂広志 「風の便り」 特選 第59便(2012年10月5日)

今日は私の好きな田坂広志氏の一文を紹介します。出力は入力したものに見合うということ、改めて考えさせられました。パリで画家が育つ理由 遠い昔、ある著名な画家に聞いたことがあります。 なぜ、パリでは、 あれほど多くの優れた画家が育つのですか。 こ…

 それでも民主党を

今は崩壊しつつある民主党ですが、私は今も民主党を応援しています。理由の一つは、他の党には決して見られない、本来の政治家たるべき姿を持った人がいるからです。振り返れば、政権をとった後いろいろ非難がありました。記憶にあたらしいところでは原発事…

 甘納豆を作る

最近、甘納豆が好きになった。豆を甘く煮ただけのように見えるので、自分でも作れるんじゃないかと思ってネットで調べてみたら、やっぱりあった。一週間ほど前に初めて作ったら、これが案外うまく言ったので、今日は朝からいそいそと、二回目の甘納豆づくり…

 歪む生態系

以下の様な記事が日経新聞に載っていた。モンサント社はラウンドアップという除草剤を開発し、その除草剤を撒いても枯れない作物ラウンドアップ・レディを、遺伝子組み換えによって開発した。農業の効率は向上したが、その結果、この除草剤に耐える新種の雑…

 ドナルド・キーン 「私の大事な場所」

キーン氏が訪れた様々な場所と出会った人々についてのエッセイ集である。キーン氏は私が最も好きな人の一人だ。柔らかい物腰と謙虚な人柄、そしてユーモアのある語り口。何よりも私が感動したのは、昨年キーン氏が日本国籍を取って日本への愛を証明してくれ…

 童話 「ヨ・ロータ村の人々」 

その村は高い高い壁に囲まれております。ある日のこと、ヨ・ロータ村の一人が、その壁にあいている針の穴ほどの小さな穴から外を見ていると、近くで煙がひとすじ立ち上っているではありませんか。「大変だわ、この村に誰か火を付けたに違いない。」煙を見つ…

 ワーカーズ・コレクティブのカフェに参加しました

先日来興味を持っていたワーカーズ・コレクティブとカフェ、昨日お誘いを頂いて同時に経験することができました。これはスカイプを使ってのカフェだったので、家に居ながら会話が楽しめるという、私にとってはとても便利なものでした。テーマは特に定めてあ…

 原発事故がもたらしたもの

東京電力福島第一原子力発電所で事故が発生してから一年半が過ぎた今、影響を受けた地域での人口流出が止まらない。今後10年、20年元の家に帰れない地域もある。東北の災害がもし津波と地震だけだったら、それが収まった直後から生活再建ができたに違いない…

 親族の扶養義務を強化する法案についての記事から連想したこと

扶養できぬ理由、親族に説明義務づけ案 生活保護めぐり(http://www.asahi.com/national/update/0929/TKY201209280728.html)という表題で朝日新聞に記事が掲載されている。この十数年で倍増している生活保護費は国の財政に大きな負担となっている。受給して…

iBUFFALOのキーボード、届く

この間注文した1500円のキーボード、届いた!手渡してもらった時にあんまり軽いので、ひょっとしてカバーだけだったか?と一瞬疑ったけど、開けてみればさにあらず。すごく薄くて軽い。PCに付属してたのよりずっと軽い。恐る恐る接続して使ってみると、、、…

 キーボードの衝撃

パソコンのキーボードの調子が悪いのでこの際新しいのを買ってみようと、ネットで調べてみると、なんと500円から販売されている。500円だ。カバーかと思ったらどうもそうではない。その上が700円、1000円とある。キーボードが500円?少なくとも5000円はする…

 蜂を追う

昨日栗を拾っていたら道端に軽トラックが止まって、二人の初老の男の人が降りてきて、栗の木の方に棒を差し出して何か言っている。「あそこにおるわ」などと言っているので、何してらっしゃるのと聞くと、蜂を追いかけているという答え。へえ、まだそんなこ…

 一年前の私から

尾関さんが関市長になって一年が経ちました。尾関さんを応援してよかったと、今、確信しています。昨年一つ上の先輩が尾関さんを応援しているのを見て、その熱心さに惹かれて私も選挙運動なるものに参加してみようと思いました。が、私自身は尾関さんを個人…

 自治会の草刈り

今日は自治会の草刈りでした。47戸のほとんどが参加して、用水の端や神社周辺などの草を刈りました。なにせ刈る面積が半端ではないので、朝8時から始めて昼間でかかってやっと済ませました。かなり大変な作業です。この上大野も例に漏れず高齢化が進んで、私…

 ワーカーズ・コレクティブ

今日は草刈り日和だったので、朝早くから草刈り環境整備を行う。というのも今度の日曜は自治会の草刈りなので、少し刈っておこうと思ったからだ。草を刈ると青草のいい匂いが漂ってきて大変気持ちがいい。さて、ワーカーズ・コレクティブという言葉をはじめ…

「ワールド・カフェをやろう」 香取和昭、大川恒著 (日本経済新聞出版社)

ワールド・カフェを国際交流の場と思っている人は、私だけだろうか。名前から想像して、いろんな国の人が喫茶店に集まって楽しむ、そんなふうに私は理解していたが、つい最近そうでないことがわかって、早速本を買ってみた。すると大違い。これは創造的な場…

 紫蘇の実を摘む

今日は一日中雨が降ったり、風が吹いたり、定まらない天気だ。朝のうちは雨が降っていなかったので草を引いたりきゅうりを採ったり。胡麻の具合を見たり、あずきのご機嫌を伺ったりした。もう緑色の細い鞘がいくつも下がっている。今年はたくさん採れるかし…

 草刈りと住民自治

今朝も早うから、朝露を楽しみながら草取りをした。このあたりでは自分の田んぼの畦はもちろんのこと、その周辺の用水端の草も刈ることになっているので、用水や道端の草はいつもきれいに刈られている。たまにそれをしない人がいるとそこだけボーボーになっ…

 自治基本条例勉強会に参加する

昨夜、市役所「自治基本条例勉強会」があったので参加しました。講師は愛知大学地域政策学部教授 鈴木誠氏。そもそも自治体基本条例という言葉さえあまり馴染みがなかったので、これは行かねばと思って参加した勉強会。有意義でした。講義の内容は基本条例と…

 聖護院大根を蒔く

子供の頃はよく作っていた聖護院大根。いつからかあまり見なくなった。その種を蒔く。井堀(用水)端の日陰のところで草をとっていると、よく肥えたミミズがたくさんいたので、そこの腐葉土とともに私の畑に移住してもらう。「ミミズさん、よろしくお願いし…

 関市議会傍聴

午前中、議会を傍聴してきた。今日は鵜飼七郎議員と、我が富野の村山景一議員。村山さんの質問が結構興味を引いた。質問の内容は高齢者問題、鳥獣被害、地域振興予算。このうち、高齢者問題は初老の私も含めて切実な事柄だ。そのせいかどうか、傍聴人はかな…

 人参の種を蒔く

三年がかりでふわふわの土にした私の小さな畑。上に乗っている草からできた堆肥をよけて、人参の種を蒔いた。人参の種はものすごくたくさん入っているので、何回かに分けて蒔く。それでもたくさん発芽するので、抜き菜は天ぷらにして食べる。この天ぷら、カ…

 一国の全体を整理するには、

一国の全体を整理するには、人民と政府と両立して、はじめてその成功を得べきものなれば、わが輩は国民たるの分限を尽くし、政府は政府たるの分限を尽くし、互ひに相助け、以って全国の独立を維持せざるべからず。 (福沢諭吉「学問のすすめ」第四篇)口語訳…

 ウェブで行ったあらゆるアクションは、記録されると思ったほうがよいという話

これは!!先日ブログで紹介した「ウェブはグループで進化する」の中に、ウェブで行ったあらゆるアクションが記録されているということを知り、好奇心半分で「野澤敬子」を検索したら、びっくり!!私の作ったサイトはもちろんのこと、なんと私が個人のブロ…

 ウェブはグループで進化する

ポール・アダムス著 ウェブはグループで進化するソーシャル・ネットワーク・サービスをビジネスに活かすためのハウ・ツーものです。普段この手の本は全く読まない私ですが、フェイスブックで友人が同著書のページを紹介しており、それに興味があって読んでみ…

 デジャヴ

大阪維新の会の政治行動がだんだん具体化してきた。維新八策も公表され、注目は高まるばかりだ。かつて私たちは、どうしようもなく行き詰まった自民党政治を打破するべく民主党を選んだ。そして今、みんなで選んだ民主党に大きな非難が集まっている。「こん…

 維新八策

維新八策の中身が公表された。全体的にも細部においても、これまで公表された各政党の政策とは一線を画す明確さと具体性があるように思う。現状を考えるとほとんど理想像に近いとも思うが、高い理想に向かって新たな一歩を踏み出さなければどうにもならない…

 ぶらり、本屋へ

図書カードをもらったので、久しぶりに本屋へ行ってみた。入り口に大きな文字で、「アイスクリーム、始めました」と書いてあったので、ぎょっとして改めて店の名前を確認すると、間違いなく三洋堂書店であった。この本屋は比較的頼りになる本屋で、以前はこ…

 伊丹十三 「たんぽぽ」

この映画ほど配役に隙がないものを、知らない。ちょっとしか登場しない人にも配慮の行き届いたキャスティングがされている。だから、映画全体が稠密な感じ。これはうらぶれたラーメン屋が、友情と愛情に支えられ、支援されて人気店に成長していく過程を中心…

 山姥、サイバーショップでDELLをcow

パソコンが壊れたのです。だいぶ困った山姥は何とかしなければならないと思ったのですが、思えばこれまで全く必要のないソフトを大量にパソコンと一緒に買わされるのを面白く無いと常々思っていましたから、自分で構成できるDELLを買おうかなと、ちょっと思…

地獄の沙汰も、

今日は実家の施餓鬼だというので、寺に行ってきた。この寺には数年前に新しい坊さんがやってきたのだが、施餓鬼のやり方も年々変わっている。今年は「XXX家、大施餓鬼です。」とマイクで案内があった。これが今年の新しい技である。施餓鬼には普通の施餓鬼、…