富野ジャーナル

まちづくり市民会議 第三回

今回は教育がテーマでした。関心がある分野なので、ちょっと期待して傍聴。いじめ問題について 学校間格差について 給食について 教師と親の関係性について 子供の体力づくりについて以上の項目が事前に参加者からの希望により設定されていました。前半は教…

「相棒」を見る

「相棒」という番組が面白いと娘が以前に言ったので、最近ちょっと見てみました。それよりずっと前にほんの少しだけ見たときは少しも面白くなかったので興味を失っていたのですけど、娘が結構熱心に見ていたので、もういっぺん見てみようかと。で、わかりま…

物言う人

11月3日、読書カフェというものに参加しました。ここでいうカフェというのは喫茶店のことではなく、話し合いのひとつの形式です。こういう形式を最近知って、参加者の意見を引き出すにはとても有効な方法だと思って、その方法を勉強するために参加しました。…

やまんば 取材に行く

関市のNPOぶうめらんが発行している雑誌「ぶうめらん」の特集するテーマについて、板取へ取材に行ってきました。板取は関市と合併する前は板取村といいました。若い頃に少し縁のあったところなので懐かしさを感じて道をたどりましたが、道は当時よりも随分良…

ムカデの自意識

私の好きな田坂氏の、風の便りです。 田坂広志 「風の便り」 特選 第61便 ======================================================= https://mail.google.com/mail/u/0/?hl=ja&shva=1#inbox/13a7804e278641c4 ムカデの自意識 「百足」と書いて「ムカデ」…

話し合いの技:まちづくり市民会議を傍聴する

16日夜、関市まちづくり市民会議を傍聴しました。前半は企画政策課から総合計画の位置づけとまちづくりについて、次に財政課から関市の財政状況について説明がありました。内容をメモしようとしたのですが、話について行けず断念。予め配られた資料に基づい…

暮らしの中の匂い

最近はめっきり涼しくなりました。涼しくなると急に料理をしようという気になって、この間は銀杏おこわを作りました。昨日は人参の葉と玉ねぎのかき揚げ。栗も煮ました。台所には揚げ物の甘い匂いや栗の匂いがいっぱい。匂いといえば思い出すのが子供の頃。…

Shall we dance?

リチャード・ギア主演「Shall we dance?」を見た。実はこれが三度目。ストーリーも面白いが、ダンスをする様子が実に美しい。優雅だ。何度見ても、見とれる。手指の筋肉1つ、ステップ1つとっても、音楽との深い親和性を感じることができる。血の中に深く深く…

 田坂広志 「風の便り」 特選 第59便(2012年10月5日)

今日は私の好きな田坂広志氏の一文を紹介します。出力は入力したものに見合うということ、改めて考えさせられました。パリで画家が育つ理由 遠い昔、ある著名な画家に聞いたことがあります。 なぜ、パリでは、 あれほど多くの優れた画家が育つのですか。 こ…

 それでも民主党を

今は崩壊しつつある民主党ですが、私は今も民主党を応援しています。理由の一つは、他の党には決して見られない、本来の政治家たるべき姿を持った人がいるからです。振り返れば、政権をとった後いろいろ非難がありました。記憶にあたらしいところでは原発事…

 甘納豆を作る

最近、甘納豆が好きになった。豆を甘く煮ただけのように見えるので、自分でも作れるんじゃないかと思ってネットで調べてみたら、やっぱりあった。一週間ほど前に初めて作ったら、これが案外うまく言ったので、今日は朝からいそいそと、二回目の甘納豆づくり…

 童話 「ヨ・ロータ村の人々」 

その村は高い高い壁に囲まれております。ある日のこと、ヨ・ロータ村の一人が、その壁にあいている針の穴ほどの小さな穴から外を見ていると、近くで煙がひとすじ立ち上っているではありませんか。「大変だわ、この村に誰か火を付けたに違いない。」煙を見つ…

 ワーカーズ・コレクティブのカフェに参加しました

先日来興味を持っていたワーカーズ・コレクティブとカフェ、昨日お誘いを頂いて同時に経験することができました。これはスカイプを使ってのカフェだったので、家に居ながら会話が楽しめるという、私にとってはとても便利なものでした。テーマは特に定めてあ…

iBUFFALOのキーボード、届く

この間注文した1500円のキーボード、届いた!手渡してもらった時にあんまり軽いので、ひょっとしてカバーだけだったか?と一瞬疑ったけど、開けてみればさにあらず。すごく薄くて軽い。PCに付属してたのよりずっと軽い。恐る恐る接続して使ってみると、、、…

 キーボードの衝撃

パソコンのキーボードの調子が悪いのでこの際新しいのを買ってみようと、ネットで調べてみると、なんと500円から販売されている。500円だ。カバーかと思ったらどうもそうではない。その上が700円、1000円とある。キーボードが500円?少なくとも5000円はする…

 蜂を追う

昨日栗を拾っていたら道端に軽トラックが止まって、二人の初老の男の人が降りてきて、栗の木の方に棒を差し出して何か言っている。「あそこにおるわ」などと言っているので、何してらっしゃるのと聞くと、蜂を追いかけているという答え。へえ、まだそんなこ…

 一年前の私から

尾関さんが関市長になって一年が経ちました。尾関さんを応援してよかったと、今、確信しています。昨年一つ上の先輩が尾関さんを応援しているのを見て、その熱心さに惹かれて私も選挙運動なるものに参加してみようと思いました。が、私自身は尾関さんを個人…

 自治会の草刈り

今日は自治会の草刈りでした。47戸のほとんどが参加して、用水の端や神社周辺などの草を刈りました。なにせ刈る面積が半端ではないので、朝8時から始めて昼間でかかってやっと済ませました。かなり大変な作業です。この上大野も例に漏れず高齢化が進んで、私…

 ワーカーズ・コレクティブ

今日は草刈り日和だったので、朝早くから草刈り環境整備を行う。というのも今度の日曜は自治会の草刈りなので、少し刈っておこうと思ったからだ。草を刈ると青草のいい匂いが漂ってきて大変気持ちがいい。さて、ワーカーズ・コレクティブという言葉をはじめ…

 紫蘇の実を摘む

今日は一日中雨が降ったり、風が吹いたり、定まらない天気だ。朝のうちは雨が降っていなかったので草を引いたりきゅうりを採ったり。胡麻の具合を見たり、あずきのご機嫌を伺ったりした。もう緑色の細い鞘がいくつも下がっている。今年はたくさん採れるかし…

 草刈りと住民自治

今朝も早うから、朝露を楽しみながら草取りをした。このあたりでは自分の田んぼの畦はもちろんのこと、その周辺の用水端の草も刈ることになっているので、用水や道端の草はいつもきれいに刈られている。たまにそれをしない人がいるとそこだけボーボーになっ…

 自治基本条例勉強会に参加する

昨夜、市役所「自治基本条例勉強会」があったので参加しました。講師は愛知大学地域政策学部教授 鈴木誠氏。そもそも自治体基本条例という言葉さえあまり馴染みがなかったので、これは行かねばと思って参加した勉強会。有意義でした。講義の内容は基本条例と…

 聖護院大根を蒔く

子供の頃はよく作っていた聖護院大根。いつからかあまり見なくなった。その種を蒔く。井堀(用水)端の日陰のところで草をとっていると、よく肥えたミミズがたくさんいたので、そこの腐葉土とともに私の畑に移住してもらう。「ミミズさん、よろしくお願いし…

 関市議会傍聴

午前中、議会を傍聴してきた。今日は鵜飼七郎議員と、我が富野の村山景一議員。村山さんの質問が結構興味を引いた。質問の内容は高齢者問題、鳥獣被害、地域振興予算。このうち、高齢者問題は初老の私も含めて切実な事柄だ。そのせいかどうか、傍聴人はかな…

 人参の種を蒔く

三年がかりでふわふわの土にした私の小さな畑。上に乗っている草からできた堆肥をよけて、人参の種を蒔いた。人参の種はものすごくたくさん入っているので、何回かに分けて蒔く。それでもたくさん発芽するので、抜き菜は天ぷらにして食べる。この天ぷら、カ…

 ぶらり、本屋へ

図書カードをもらったので、久しぶりに本屋へ行ってみた。入り口に大きな文字で、「アイスクリーム、始めました」と書いてあったので、ぎょっとして改めて店の名前を確認すると、間違いなく三洋堂書店であった。この本屋は比較的頼りになる本屋で、以前はこ…

 伊丹十三 「たんぽぽ」

この映画ほど配役に隙がないものを、知らない。ちょっとしか登場しない人にも配慮の行き届いたキャスティングがされている。だから、映画全体が稠密な感じ。これはうらぶれたラーメン屋が、友情と愛情に支えられ、支援されて人気店に成長していく過程を中心…

 山姥、サイバーショップでDELLをcow

パソコンが壊れたのです。だいぶ困った山姥は何とかしなければならないと思ったのですが、思えばこれまで全く必要のないソフトを大量にパソコンと一緒に買わされるのを面白く無いと常々思っていましたから、自分で構成できるDELLを買おうかなと、ちょっと思…

地獄の沙汰も、

今日は実家の施餓鬼だというので、寺に行ってきた。この寺には数年前に新しい坊さんがやってきたのだが、施餓鬼のやり方も年々変わっている。今年は「XXX家、大施餓鬼です。」とマイクで案内があった。これが今年の新しい技である。施餓鬼には普通の施餓鬼、…

夏はいつから

8月に入るとまもなく、朝夕に木立の中で薄いすりガラスを打ち合わせるような、ひぐらしの声が響き始める。 あちらからもこちらからも 涼し気な音が さんさんと降るように鳴り響く。そして私は、夏も終わりだな、と思う。夏はいつやってきたのか。私の中では…

ローマ字を小学校で教えることの弊害

英語を教えるようになって随分経つが、相変わらず悩みの種は小学校で教えられるローマ字だ。昔は4年生になって初めてローマ字を習ったが、今は3年生で習う。英語よりも先にローマ字を習うために、ローマ字読みが子供の頭に定着してしまう。それは日本語のあ…

ちいさなことかもしれないけれど、

昨日のことです。ドラッグストアへ買い物に行くと、店の中で迷子らしい子供が泣いていました。その内にお母さんが来るだろうと様子を見ていましたが、なかなかやってこず、保育園らしいその子は泣きながら店の外に出ていってしまいました。ちょっと心配にな…

中田宏 「日本人が持つべき日本人らしさ」

関青年会議所が、設立55周年を記念して主催した、中田宏さんの講演会に行って来ました。なるべく順を追ってその内容と私の感想を記してみたいと思います。 話の趣旨は、人の行動は仕組みに依って変わる、ということと、日本人は歴史を再認識してその歴史観…

The Last Trapper

これほどハラハラ、ドキドキしながら見た映画も珍しい。カナダ北部ユーコン川付近で、ビーバーの毛皮などを取って暮らす一人の狩人の物語だ。ジャン=ジャック・アノーの映画を思わせる、大衆に媚びることのないシビアな映画だった。ロケはない。すべて現実の…

地域員会を考える勉強会

関の文化会館で開催された地域委員会を考える勉強会に参加してきました。ここでは名張市のすずらん台町づくり協議会から、池田紘郎さん(サロンきずな運営委員会代表)、大橋健さん(ライフサポートクラブ運営委員会代表)、NPO法人高浜南部まちづくり協議会…

各務野自然遺産の森

今日は、キノコに詳しい麻ちゃんと 各務野自然遺産の森へ行って来ました。梅雨の時期なのでキノコが沢山見られるのではと期待して行ったら、珍しいのが見えました。結構広い山の連なりがそのまま自然遺産の森として指定されているので、山歩きをしているよう…

各務野自然遺産の森 第二弾

さて、森の中には池も所々にあっていろんな生き物が住んでいます。池といっても人工の池ではなく水たまりっぽいもので、葦などの草がぼうぼうと茂っているところです。 見難いかもしれませんが、黒っぽい色をした、胴体が人の握りこぶしほどもある大きなカエ…

いのちの森プロジェクト

毎晩見るプライムニュース、昨夜のゲストは宮脇昭教授。知る人ぞ知る森の権威だ。この番組では今問題になっている震災ガレキとの関わりで、教授の「いのちの森プロジェクト」を紹介していた。壮大なプロジェクトで、司会の反町さんはコストやできるまでの時…

ダレる

正しい姿勢で座っていることができない子供がいる。勉強するときには一定の時間、きちんと座っていないと鉛筆もしっかり持てないし、字もちゃんと書けない。なぜだろう、どうしてちゃんと座れないのか。すぐにおしりが椅子の前にずりだして、背もたれに頭を…

名張毒ぶどう酒事件「約束」

先ごろ再審請求が却下された名張毒ぶどう酒事件を題材とした「約束」という映画を見た。当時から現在に至るまでの報道映像もふんだんに盛り込まれていて、秀逸な出来栄えだった。この事件はずっと被疑者の自白の信用性が問われていたが、この映画では当時の…

朝の風景

朝まだ早い時間の空気は、清々しい。私が起きるのはたいてい5時頃。この時間はもう明るいけれど、太陽は昇っておらず、夜の名残りが感じられる頃。あちこちから、本当にたくさんの種類の鳥の声が聞こえてくる。鳥たちが枝を揺らす。風が樹の葉を揺らす音もか…

 しーちゃん、さよなら

小学校、中学校と一緒に勉強したしーちゃんが、突然交通事故で逝ってしまいました。いつもにこにこ、笑顔だったしーちゃん。起こった時もちょっとふざけたみたいに怒ってみせて、私達を安心させてくれたしーちゃん。家具屋さんにお嫁に行って、もう35年以上…

これはまさに 運命という他ない

図書館の古本祭りがあるというので、期待はしなかったが行ってみた。初めて。広い会場にずらりと並んだ数千冊はあろうかという本を端から見る。やっぱり欲しいのはないな、、、と思って進んでいくと、なんと、長いこと探していた本があるではないか!!この…

 お日様の恵み

「温水器が壊れたぞよ」夕飯の時に父が言った。最近は太陽光が注目を浴びているが、この温水器は太陽熱で湯を作る。原理は至極簡単で、日向に水を置いておくと暖かくなるが、これを更に効率化したものだ。屋根の上に黒い平たい板みたいなものを設置し、その…

 バーバー吉野

バーバー吉野を観た。三回目。幾度も観ても楽しめる作品はあまりないが、これはそのひとつだ。この映画を知らない人のためにちょっとあらすじを。 村の小学生は一人残らず「吉野刈り」という坊ちゃん刈りみたいなヘアスタイルをするように決められているある…

お知らせ

フェイスブックにページを開設しました。 再生可能エネルギーを知る: https://www.facebook.com/knowingenergy 震災がれきの受け入れについて考える: https://www.facebook.com/nationalcompassion 野の花: https://www.facebook.com/WildFlowersKeiko興…

現代うつ という「病気」

昨日NHKスペシャルで「現代うつ」というのをやっていた。20代、30代の人が罹る病気だそうだ。その症状というのが、仕事に行くとやる気が無くなってうつ状態になるが、休みの日には元気になって友達とおしゃべりしたり旅行に行ったりすることもできるという。…

古文書の整理

私が住んでいる地区に古くから保存されている文書を分類整理するというので行ってきた。倉庫の奥に入ってみるといくつもの段ボール箱が山積みになっていたので、それを全部集会場の広間に出してみると、古くは明治の頃の、和紙に墨で記した文書もあった。自…

 朝まだき

夜が明け離れる頃、私は目を覚ます。するときっと、ピー、ピーっというかすかな鳥の啼き声が薄暗い静寂を縫うように聞こえてくる。一体どんな姿をしているのだろうか。細い糸をひくようなその啼き声は笙の笛に少し似ている。心の中が澄んでいくようなその声…

尾関市長のこと、つまり政治家のこと

4月12日、尾関市長は宮城県の被災地を視察しました(http://oze-ken.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-02ea.html)。これはかねてから、がれき受け入れについて判断するために行うと言っていた視察だと思います。市長がこの件について初めて言及したのは…