物の寿命


この圧力鍋は30年前に買ったものだ。今でも何の支障もなくちゃんとごはんが炊ける。

物の寿命は最近とみに短くなっているような気がする。特に電気製品は3年も経てばどこかが故障して、修理しようとすると修理代の方が高く付き、買い換えた方が得なような気にさせられる。

一昨年洗濯機が故障したので修理を依頼すると、もう部品がないということだった。そもそもこの洗濯機は14年も我が家の洗濯を一手に引き受けてくれていたもので、途中何回か、モーターの回転力を洗濯槽に伝えるためのベルトを交換した。その都度二千円ほどの修理費を支払ったが、メンテナンスはそれだけで済んだ。

このごろはエコ、エコとかしましい。テレビではエコ替えなどと喧伝され、使えるものまで捨てて、エコ(?)な商品に買い換えるようそそのかされる。しかし、廃棄した物を処理する際に排出される二酸化炭素の量については何も言われない。

人間活動が今の温暖化の原因であるとされているが、仮にそうであれば、一つのものを修理しながら長く使うという方法が、もっともコストがかからず、効果的だと思うが、政治・経済界は、経済成長を止めるくらいなら少々暑い方が良いと思っているらしく、この方法は選択されない。また、仮にそうでないとしても、ゴミは大きな問題であり、修理して使うよりも買い換える方に誘導されるような現在の情報の流し方には大いに疑問符が付く。