笑いは百薬の長

ある日のことだ。判決を言い渡そうとして被告の顔を見ると、どうも前に見たことがある気がする。被告の犯歴を見ると刑務所を出たり入ったりの繰り返し。悪いことをしなかったのは5年間だけだ。

「5年間だけは罪を犯さなかったようだね。一体どういう訳で?」

「刑務所にいたんですよ。覚えてないんですか、おれをムショにぶち込んだのはあんたですよ。」

「いや、それはありえない。そのときはまだ裁判官になってなかったんだからね。」

すると被告はにやりと笑ってこう言ったものだ。
「おれはね、あんたの弁護のおかげで刑務所に送られたんですよ。」

posted by Philip R. Riley
quoted from Reader's Digest
日本語:野澤