笑いは百薬の長

毎晩呑んで遅く帰ってくる夫に怒鳴り散らしていた妻。ある日妻の友人がこんなアドバイスをした。
「ちょっとやり方を変えてみたらどう?怒るんじゃなくて、優しくいたわってあげるのよ。そうしたら彼も反省して改めるかも。」
さて次の晩、いつもどおり酔っぱらって帰宅した夫を妻は優しく抱きかかえ、靴下を脱がせてやり、寝室へと誘った。
「もう遅いわ、お休みになったらいかが?」と、妻。
すると夫は、
「その方が良さそうだね。このままうちに帰ったら、また家内と一悶着ありそうだ。」
Laure Jorges, Hamel, Minn
cited from Reader's Digest magazine
日本語:野澤