猫の墓

日本の名随筆「葬」
「猫の墓」
夏目漱石

猫を大変愛した漱石が、飼い猫が弱ってゆく様を綴っている。その事細かな描写に、漱石がどんなにその猫を愛していたかが伺われる。漱石は猫が死んだ際に、周囲の人に喪中のハガキを出したという話を聞いたことがある。このエッセイを読むとさもありなむと思う。庭に埋葬して墓も作ったそうだ。

たかが犬猫といえ、一緒に暮らすと日に日に情が深くなる。今日みたいに薄く曇った秋の日には、我が家の飼い犬のマサルを思い出す。あれはただの犬ではなかった。マサル〜〜〜!