正月の花

実は正月に玄関に飾った花がまだそのまま置いてある。

金色に塗られた柳の小枝と葉牡丹、鞠のような菊、それから松の小枝。

葉牡丹は外側の葉が少し萎れているものの、他の花は全く萎れていない。枯れてもいない花をゴミとして捨てることはなかなかできない。金色の塗料を塗られた細い柳の枝を見ていると、息もできないんだろうなと悲しくなる。

切り花というのが、そういうわけで苦手だ。花を見たければ私の方で出かけていくことにしている。