そういう生き方

入川保則という俳優が癌であることを告知し、延命治療をしないことを発表した。延命治療をすると俳優業が出来なくなるというのがその理由だった。

「寿命です。」といって潔く運命を受け入れ、自分の仕事を全うしようとするその姿は美しい。