いざ、市議会議員選挙活動へ

前にも書いたが、一つ先輩の川合はるよしさんが市議会議員選挙に立候補する。

いよいよ今日は出陣式。近所のみんなが集まって、出陣の挨拶。川合さんは感極まって声を詰まらせた。
多くの議員が周りから推されて出る中で、彼はかねてからの自分の主張を実現するべく、自ら立候補した。地盤も看板もお金もない中、みんなの応援だけが頼りの船出だ。自分から進んで立候補するというのは珍しいということを知ってびっくりする。実は私は市議会議員選挙にこれまでほとんど関心がなかった。知っている人が出たことがないからだ。そのため選挙というのがどういうものなのかということを知らなかった。選挙には何度もかかわってきた隣に住むじいさんから選挙事情を聞いて、以外だった。ほとんどの人が「頼む」といわれて、「よし」といって出る。川合さんには、これまでとは違った目で市政を見つめて欲しいと思う。誠実さと正直さにかけては人より抜きんでている。

みんな応援してるわよ〜〜〜!


出陣の挨拶。



えい、えい、おー!



さあ、出発