浜岡原発全面停止

菅首相が浜岡原発の全面停止を要請し、そのようになった。かねてから原子力発電の技術は、問題が起こった時にちゃんと制御できるような技術を開発しない限り利用するべきでないと言ってきた私は、とても良いことだと思っている。

原発停止については経済人はもとより様々な評論家が、電力不足をどうするのだとか、国力が衰退して問題であるとか、定石通りの見解を発表しているが、原子力の利用の対極にあるのは電気不足でも経済発展の阻害でもない。放射能漏れによる犠牲者がでることを是とするかどうか、この一点だと思う。原子力を更に推進しようとする人たちは安全性を高めれば問題ないと一様に言うが、それが机上の空論であることは東電が証明した。

菅首相は問題のある発言もしたけれど、原発停止についてはこれまでの問題を払拭してあまりある、良い決断だと思う。それがたとえ議論を尽くさないものであったとしても、この意味は大きい。想像するが、浜岡市長などのおっしゃるように事前に相談などしていたら、このことは決して実行に移されなかったに違いない。