リビング・スキル英語教室

今日の授業はサプライズ・マジック・ショー。
テーブル・マジックの達人を呼んで、みんなの目の前でマジックをしてもらいました。この達人は日本語があんまり話せないので、英語でパフォーマンスしました。子どもたちは身を乗り出して、興味津々。マジックに伴う動作、紙を折るとか、ちゃんと覚えてね、とか、(本当にただの紙切れかどうか)確認してね、などを覚えました。ネイティブの英語を聞く機会は多くないうえに、マジックのおまけ付きということで、大いに盛り上がり、みんな不思議そうな顔をしていました。また、やろうね。