「知る」ことは、

「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない。

子どもたちがである事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生み出す種子だとしたら、さまざまな情緒や豊かな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌です。幼い子ども時代は、この土壌を耕すときです。

レイチェル・カーソンセンス・オブ・ワンダー