いい人だからといって

善人だからという理由で公正な扱いを期待するのは、菜食主義者だからという理由で牛に情けを乞うのに等しい。
作者不詳