需要のないところに 需要を創りだす

かつてソニーのウォークマンの開発が考慮されたとき、歩いているときにまで音楽を聞きたいとは誰も思うまい、と社内では否定的な意見が多かったそうだ。そんなところに、「需要は創りだせ」と言ったのが創業者の盛田昭夫氏だ。その後この携帯音楽プレーヤーがどうなったかは、皆が知るところだ。ここには高い技術力と、そして周到な販売戦略があった。


ウィンドウズ95の発売が起こしたセンセーションを覚えている人はどのくらいいるだろう。当時パソコンはアップルのマッキントッシュが人気を集めており、画面のアイコンを操作するだけでパソコンをコントロールできる優れた技術は、複雑なキー操作でしかパソコンを操ることができないマイクロソフト社は大きく遅れをとっていた。ところが1995年、このアップル社の技術を使って売りだしたのがウィンドウズ95だ。


この発売で何よりも衆目を集めたのはその販売方法だ。大々的なコマーシャルが流され、当日の発売開始時間の前にはカウントダウンがされ、開始時間と同時に花火が打ち上げられたのだ。店の前には黒山の人だかりができ、テレビでもこの騒動が大きく報じられた。「なんかわかんないけど、すごいものらしいから、買っちゃった」若者や、「買ってはみたけど、中に入ってるこの円盤、何にするのか、さっぱりわからん」おじさんなどの発言が報道されたころからも、この熱狂ぶりがわかる。マイクロソフト社はその後、OS販売戦略について独占禁止法に問われたが、それまでにはすでに他社が追随できないほどに普及してしまっていたのである。


商品を普及させるにはまず第一にその商品が誠実なものでなければならないことはいうまでもないが、同じくらいに必要なことは販売戦略だ。販売戦略が優れているために、誠実でない商品まで普及するということさえある。


さて、このごろは地域ごとに小規模の店や事業が展開されているけれども、この販売戦略にはあまり関心を示しているところは少ない。欲深く見えるのだろうか。そう見えるかもしれないが、大事な点だと思う。