ほしけりゃ ほせよ

「ほしけりゃ ほせよ」この有名かつ説得力のある格言を初めて聞いたのは母の口からである。

「桃色のスカートほしい」「ほしけりゃほせよ」
というわけで、私は子供の頃、ほしてばかりいたのである。

意味がわからない人のために説明すると、「欲しけりゃ干せよ」というのが上の格言の意味で、子供の言うとおりにはならんぞという親の育児姿勢を洒落にした言い回しだ。

最近は子供が「干す」ことはめっきり少なくなってきた。親の方も余裕をなくしたのか、こんな気の利いた会話は聞いたことがない。干せない子供も、気の利いた会話ができない親も、かわいそうや。