夏はいつから

8月に入るとまもなく、朝夕に木立の中で薄いすりガラスを打ち合わせるような、ひぐらしの声が響き始める。
あちらからもこちらからも
涼し気な音が
さんさんと降るように鳴り響く。

そして私は、夏も終わりだな、と思う。

夏はいつやってきたのか。

私の中では、
梅雨が開けて最初に聞く、ジージーという蝉の声から始まる。

まだ暑いというほどではないけれど、それは明らかな夏の訪れだ。

ジージーという鳴き声に、
やがてジャージャーという鋭いアブラゼミの声が混じり始めて
太陽はカンカンと照りだす。

洗濯物が陽気に乾き始める。

空は青く、高い。

庭の木陰が嬉しくなる。

そうしてある日の夕方
かすかなひぐらしの声が、山のちいさい隅から聞こえてくる。

急に朝晩の風は爽やかになり、
それは日毎に涼しさを増す。

私の夏はこんなふうにやってきて、こんなふうに私から離れてゆく。