伊丹十三 「たんぽぽ」

この映画ほど配役に隙がないものを、知らない。ちょっとしか登場しない人にも配慮の行き届いたキャスティングがされている。だから、映画全体が稠密な感じ。

これはうらぶれたラーメン屋が、友情と愛情に支えられ、支援されて人気店に成長していく過程を中心に、食にまつわる幾つかのモチーフを周辺に配置した映画です。コメディータッチで描かれていて、最後まで飽きることなく見ることができます。店の成長過程はとても面白く、またその主題を取り巻くそれぞれのモチーフもかなり楽しめる。が、この映画の背景には食の原点がしっかりと据えられている。そこが素晴らしいところ。

伊丹十三は独特の感性を持っていて私の好きな監督の一人です。いろんな映画を見たけれど、これは初めて。そこここに監督の感性を代表させるような場面があって、他の映画にない全く別の楽しみがあります。亡くなってしまって、とても残念。