ぶらり、本屋へ

図書カードをもらったので、久しぶりに本屋へ行ってみた。

入り口に大きな文字で、「アイスクリーム、始めました」と書いてあったので、ぎょっとして改めて店の名前を確認すると、間違いなく三洋堂書店であった。

この本屋は比較的頼りになる本屋で、以前はここに時々行っていた。が、今日入ってみると、中は本屋とは思えない様相を呈していた。菓子、化粧品、髪飾り、雑貨などなど、本屋とは思えない雑然とした感じになっている。従来通り本も売っていたが、新本はすっかり片隅に追いやられ、古本ばかりが幅を利かせていた。古本は決して嫌いなわけではないが、この手の本屋においてある古本は、単なる古い本なので、私には用はない。買っては見たものの、いっぺん読めば十分だ、という類の本ばかりだからだ。

期待できないなと思いながらも、図書カードを使いたいと思ったので、「教養」のあたりをぶらぶらしていると、以前のようないわゆる硬い本というのはすっかり鳴りを潜めて、お手軽なのばかりが並べてあった。菓子と一緒に本を並べていれば、自ずと並べる本も変わってくるというものだ。

「100分で名著ブックス」というのがあったので、その中の福沢諭吉学問のすすめ」というのを買った。まあ、これにしとくか、という感じ。

こんな思いで本を買ったのは、生まれて初めてだ。置いてあるものが物だから、買う方もそれなりにテキトーになる。気が抜ける。

本屋には少なからぬ思い入れのある私は、若い頃、美濃加茂の駅前にある丸圭書店に足繁く通っていた。この書店は店主の感性を強く出して本を選んでいて、その感性が私とピタリと合致していた。ということは、多くの人が、何が面白いの、という本だということだ。案の定、数年前にはすっかり規模を縮小し、雑貨屋おもちゃも置くようになっていた。が、店主のキラリと光る感性はまだ健全であった。去年行ったら、本屋が跡形もなかったので、やっぱり閉店したかと思っていたら、どこかへ移転したらしい。

活字離れが叫ばれて久しいが、どんどん進んでいるらしい。ニュースでも映像によって伝えるものが圧倒的に多くなったし、雑誌も文字より写真のほうが中心だ。

更に活字離れが進むと、人はイメージでコミュニケーションを図ることになるのだろうか。しばらく前に、考えていることを画像化する技術が開発されたという報道があった。まだまだぼんやりした画像でしかなかったが、技術というのは一歩を踏み出せばそれからは進むのが早い。言葉が大好きな私にはちょっと悲しいけれど、人と人がイメージで交信する様子を想像すると、楽しくもある。